自営業・個人事業主でもセブン銀行カードローンはOK?

大手のコンビニエンスストアとして有名な、「セブン&アイ・ホールディングス」傘下の銀行がこちらの「セブン銀行」です。

 

現在は世界各国にサービスを提供するなど、その人気の高さをうかがえます。海外でもセブンイレブンはよく見かけますもんね。

 

ここではそんな魅力的な、セブン銀行にもカードローン商品はあります。個人の方がお金を借りることができるのです。

 

このセブン銀行のカードローンに特別な名前などは付けられておらず、普通にセブン銀行カードローンという商品です。

 

このセブン銀行カードローンが自営業者・個人事業主でも利用できるのか?ということですが、自営業・個人事業主の方でも審査の上利用することができます。

 

セブン銀行カードローンの利用条件として、満20歳以上満70歳未満の方となっているので、自営業・個人事業主の方でも審査の上利用可能ということになります。

 

ちなみに、セブン銀行カードローンを利用するためには口座開設も必要なため、利用するまでに申し込みしてから2〜3週間はかかると思っておいてください。

 

ですので、急いでいる自営業・個人事業主の方はセブン銀行カードローンは不向きです。結構余裕を持っている方が申し込みするようにしましょう。

 

セブン銀行はどういうところ?

セブン銀行は株式会社セブン銀行が運営しており、大手の流通企業グループである「セブン&アイ・ホールディングス」傘下の銀行として知られています。

 

コンビニのATM事業業界では最大手でもあります。元々は株式会社アイワイバンク銀行でしたが、2005年10月11日に、現在の商号であるセブン銀行に名称を変更されました。

 

セブン銀行は、日本国内はもちろんのこと、アメリカやインドネシアなどにもATM事業を展開しています。セブン銀行口座は、口座を開設した全ての方にキャッシュカードを発行しており、一般的な金融機関にある預金通帳はありません。

 

利用明細については、インターネットバンキングやモバイルバンキング、さらにスマートフォンアプリでも確認は可能です。

 

セブン銀行カードローンの特徴

セブン銀行が提供しているカードローンは、10万円や30万円、50万円の中から選ぶことができ、申し込みはWEBで完結できます。カードローンの取引については、セブン銀行の口座開設時に発行されるキャッシュカード1枚でできるのが特徴です。

 

カードローンの申し込みには本人確認書類として、パスポートや在留カード、特別永住者証明書や外国人登録証明書、免許証「運転免許証・船員手帳など」、個人番号カードや官公庁などが発行した写真付きの身分証明書のいずれかが必要です。

 

あるいは、保険証や共済組合証、国民年金手帳や年金手帳、学生証などの中の2点でも大丈夫です。カードローン申請の詳細については、セブン銀行のホームページなどで確認しておきましょう。

 

銀行は高額な融資枠を売りにしているところもありますが、セブン銀行カードローンは最高でも50万円となっていてかなり手軽に利用することができるようになっています。

 

ちょっと高額な融資を希望している自営業・個人事業主の方には向きませんけどね。

 

金利も15.0%と統一されています。10万円の借入でも30万円、50万円だったとしても同じ金利になっています。

 

以前は70万円、100万円の増額も可能で、その増額した70万円、100万円の方にたいした金利は14.0%と1.0%下がるようになっていたのですが、今はもう増額の申し込みは受け付けていません。

 

ですので、最高50万円で金利は15.0%となっています。

 

月々の返済も一定額となっていて、利用限度額が10万円ならば月々の返済額は5,000円、利用限度額が30万円または50万円の方は10,000円となっています。

 

なんか、分かりやすいカードローンですね。